ダブルウィッシュボーン SUSPENSIONについて




・ダブルウィッシュボーンは、上下2本のA型アームによってホイールを懸架する形式である。
アームの長さ、及び取り付け角度によりホイールが上下運動したときの軌跡を自由に選べるなど設計の 自由度が高いという優れた特徴を持っている。
更に上下のアーム長を同じにすると、ストローク時にホイールが路面に対して垂直に動く為、 キャンバー角の変化が起きず、また上下方向の力に対しては、スプリングとショックアブソバー が前後方向の力に対してはアームが受ける為、剛性が高いという利点もある。
だがスペース効率が悪くマウント用サブフレームが必要になるなど部品点数が多くなり重量がかさみやすい。 また製作精度も高い物が求められる。
つまりコスト高になるわけだ。この為コストより走りの性能が優先されるスポーツカーへの採用が主体 となっている。


<補足説明>
上下のアーム長を同じにするとキャンバー変化量は無くなりますが、そのかわり トレッドの変化量が多くなります。
ですから実際には、アッパーアームをちょっと短くしてトレッド変化量・キャンバー変化量が 少なくなるポイントで落ち着かせています。
また、アーム長を長く取らないと、キャンバー変化量が多くなる欠点も抱えており、FF車では エンジンルームが狭くなるなどの問題もあります。

SPECIAL THANKS
紫電改
さらに詳しいことが知りたい人は紫電改さんの HP




<採用車種>→マークUBros・CIVIC・ROADSTER・JZA80スープラ・プレリュード・FD-3S、etc。